宅配食で食事制限をする場合はまごころケア食が良いと思います

腎臓病を患った方が行なう食事療法・食事制限のポイントは、慢性腎臓病を極力進行させない事と、健康体のキープとされるのです。人工透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法・食事制限を試みる事で腎不全への進行を遅らせることができ、結果として人工透析の導入時期を遅らせられます。加えて、人工透析を始めても、体調を保ちながら安定して人工透析を続けていくために、食事療法・食事制限は重要視されるのです。肉・魚・卵・豆腐に関してはナカナカのたんぱく質がふくまれていますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもある為気をつけるようにしましょう。甘いものと言えど思った以上にあまたのたんぱく質がふくまれているのです。おやつには豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、たんぱく質の過剰摂取になります。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個相当のたんぱく質が入っています。クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質をもとにつくられる老廃物であり、腎臓に達してろ過された後尿と共に体外へ出されるのです。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉の量が低下すれば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニン量が増加するため、平常時にくらべてクレアチニンの値が下がっていきます。腎臓病でお困りの方に適した、低たんぱくの特殊食品があります。食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓機能が落ち込む程に、今以上に考えて食事を調整する重要が出てきます。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー病理制限も伴います。自己の判断で適当に献立を決めずに、医師や管理栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。慢性腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため普段通りに血液が通わなくなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。重ねて尿と共に除外されるような老廃物まで、体内に居座りつづけるようになります。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法・食事制限の元一定量を摂り続ける重要があります。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負荷が及びます。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg当たり0.6g/日もとめられ、一日分で現すと30~40g程になります。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、その種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)や調理するときの水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。食事で摂取したたんぱく質は、体をうごかすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、残った老廃物は尿と共に体外へ出されるのです。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に悪影響を出します。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量を抑える重要があります。けれど、たんぱく質は人体をうごかす重大なエネルギー源となるので、適切な量は摂取する重要があります。腎臓病でも食事療法・食事制限が適切であれば、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせられるようになります。食事療法・食事制限の難しさはけっして病理制限の内容ではありません。食事療法・食事制限は、患者が自ら意欲的に実行できる一番の治療行為です。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分以外に水分の病理制限も付随してきます。こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品中における全水分が相当します。浮腫がなかったり軽い場合は塩分病理制限だけになります。こうした際の水分量の病理制限は病気の進行状況や尿量により医師が判断します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なのできちんと医師の診察の元病理制限を施すようにしましょう。
続きはこちら⇒まごころケア食口コミ

カテゴリー: ニュース