背中ニキビを治す方法はまず保湿!

背中ニキビへのアプローチは大人ニキビと同じくビタミンC誘導体含有のローションや化粧水で保湿、毛穴をふさぐ角質を取り去るためにピーリングが中央になります。クリニックでのピーリングだけでなく、自宅でも手軽に行なうことが出来るのです。バスタイムにピーリングクリームを使えば、古い角質を取り除くのは持ちろん、薬剤を肌に残す恐れもなくなります。入浴後に保湿を欠かさず行なうことも重要です。顔や胸にはニキビはないのに、背中にできてしまったニキビだけが悪化する人も多いようです。顔や胸にできるニキビと違って、背中ニキビは悪化するまで気がつかないケースも多く、気付くころには慢性化し、長期にわたる治療が必要となることがあります。かゆみや痛みが強い場合は、専門医を受診することをお薦めします。炎症がひどくなり重症化してしまうと、ニキビ跡が残ることにもなりかねません。背中、二の腕から、お尻や太もも、ふくらはぎなどにブツブツが見られる場合には、毛孔性苔癬が疑われます。毛孔性角化症ともいい、古い角質の肥厚化が原因です。ニキビと似てはいるものの、細菌による炎症ではない点が大きくちがいます。遺伝的要素からくる原因が強く、年をとるごとに自然に治っていることも多いといいます。背中ニキビの防ぎ方を考えるとき、まず挙げられる原因は、お風呂にあります。顔を洗うときは気をつけていても体のほうはそれなりだという人はご注意を。背中ニキビは、あえて自分から鏡を二枚も使って見でもしなければ、捜すことが難しいのに、タンクトップなど背中が露出する服装をすると、他人から見た時に案外目立ってしまう、実に厄介な肌トラブルです。背中ニキビができる原因としては、肌の乾燥や睡眠不足、また疲労といった物理的なストレス、そして精神的ストレスになります。多大なストレスを感じると、交感神経が自律神経のなかでもっとも活発になります。交感神経が優位になると男性ホルモンが過剰に分泌され、正常なホルモンバランスではなくなってしまいます。男性ホルモンは皮脂を分泌させる作用を強め、角栓を発生させた上、毛穴の縮小を引き起こす性質があります。背中にできる大人ニキビは、不規則な生活スタイルやねぶそく、乱れた食生活などが原因になります。自律神経が整った状態でないと、ホルモンバランスの乱れも引き起こし、肌トラブルが引き起こされます。気になる人は、生活を見直してみましょう。栄養バランスに気をかけ、ビタミン類を多くふくむ食事をとるなどし、規則正しい生活を心がけて、よく寝ることが大事です。背中を洗うとき、汚れを落とすためとはいえ、例えば垢すりタオル、ボディブラシでゴシゴシと洗うのはNGです。刺激を強く与えることで肌のバリア機能が低下したり、ニキビが背中にできているときには、傷がついたら炎症がもっと悪化してしまいます。汚れや余分な皮脂、また古い角質などは洗い去る必要がありますが、優しく、こすり過ぎないようにしましょう。人間の皮膚には必ずマラセチア菌という常在菌の棲家となっており、このマラセチア菌は人間の皮脂を好む性質を持っています。白ニキビの内部には皮脂が閉じ込められており、マラセチア菌にとっては最高の棲家。ニキビ内にマラセチア菌が侵入してしまったら、皮脂を蓄えながら皮脂にふくまれるトリグリセリド(中性脂肪)を遊離脂肪酸という刺激物質に変えてしまうのです。背中ニキビを改善したり、予防したりするのに摂るべき栄養素は、ビタミンB群があります。豚肉やレバー、また乳製品などにふくまれるビタミンB2、カツオ、マグロ、鶏ささみなどが含有するビタミンB6には、皮脂分泌を減らす効果があります。かぼちゃやにんじんがたっぷりふくむビタミンA、ゴマや玄米がもつ亜鉛、レモンやイチゴがもつビタミンCは、粘膜や肌を健康に保ち新陳代謝を促します。肌の代謝が活発になるPM10時からAM2時の間に、しっかりと睡眠をとることはストレス軽減にも繋がります。多大なストレスがかかると交感神経が活発化して、背中ニキビを持たらす糖質コルチノイドが生まれます。清潔な寝具で十分な睡眠をとることは、ストレスカットにも貢献しニキビが発生しないようになるこの上ないニキビ予防法です。参考:背中ニキビ 治す方法

カテゴリー: ニュース