脂肪肝になると食事療法が必要!宅配食が味方です!

人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・アルコール・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、肝臓や肺から排泄されやすいのですが、アルコールに限っては分解されても7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に肝臓に負担がかかります。それ故、アルコールの摂りすぎは宜しくありません。健康を損なわない最低限度のアルコール摂取量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で言えば30~40gに相当します。ご飯で摂取したアルコールは、新陳代謝によりカロリーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は肝臓に運ばれて濾過された後に、老廃物は尿として排泄されます。アルコールを余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、肝臓に与える負荷が増してしまいます。肝機能を保つためにも、無用なアルコールは摂らない方が良いのです。しかし、アルコールは身体を構成する重要な栄養素でもあり、全く摂らない理由にはいけないのです。肝臓病でお困りの方に適した、アルコールを抑えられる特殊食品が販売されています。こうした製品を上手に活用する事で徹底したご飯管理を行なえます。肝臓の機能が低下するにつれ、今以上に考えてご飯を管理しないとならない状況に陥ります。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、カロリー量にも制限が生じます。個人の見解で判断するのではなく、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにして下さい。肝臓病を発症すると糸球体に影響が出て血流が悪くなり、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内に居座りつづけるようになります。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症の誘因になったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。故に的確なご飯療法を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・カロリーを体内へと送り続ける必要があるのです。ガンマGTPと言うのは筋肉内にある物質をもとにつくられる老廃物であり、肝臓でろ過されたあと尿と共に体外へ出されます。ガンマGTPの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉量が落ちてくると、同時にガンマGTPの値も落ち込みます。また、妊娠すると、尿から排泄するガンマGTPの量が高まるため、平常時にくらべてガンマGTPの値が下がっていきます。水に溶けやすい性質を持つビタミンCで野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めて下さい。茹でる事によって取り除けるビタミンCの分量は、食材の品目や調理時の形状・水量・所要時間により相違します。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。肝臓病時のご飯療法の大元の趣旨は、なるべく肝臓病を悪化させない事と、健康体のキープとされます。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、ご飯療法をもとに肝不全が進行しないようにできますし、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。また、透析導入後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、ご飯療法は必須なのです。徹底したご飯療法を手掛ければ肝臓病に罹っていても、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、肝臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。沿うとう上手にいった場合、肝臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせることが出来る場合もあります。ご飯療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。ご飯療法は、患者自身が自ら積極的に手掛けられる最善の治療方法です。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のアルコールを有しており、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けて下さい。甘い食べ物に関しても案外数多くのアルコールがふくまれているのです。おやつは小豆や牛乳・卵を活用してつくられているので、カロリー補うためとは言え口にし過ぎれば、基準値を超えたアルコールを摂取する事になります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個程のアルコールが内包されています。黄疸が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分以外に水分の制限も付随してきます。この場合 飲み水だけではなく、食品にふくまれる水分量もふくめます。黄疸自体が無い又は軽度の場合は塩分の制限のみ行う事となります。水分量の制限については病状や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水状態に陥ると肝臓機能はどんどん低下していきますので独断で制限を行う事は危険です。
こちらもどうぞ⇒脂肪肝 食事 宅配

カテゴリー: ニュース