病気の治療食に冷凍宅配弁当は欠かせない

父が健康管理のために医者から食事の指導を受けました。初めは私も頑張って手料理を父へ届けましたが勤めもあるため毎日は通えません。そのため、宅配食サービスを利用しました。病気や体質に合わせたメニューを選べるので父は低糖質を考えた献立を選びました。「おかずが少ない」「お腹が減る」と、初めは文句ばかりの父でしたが努力して間食を絶ったので病状が改善されてきました。栄養バランスが良く考えられているので食後の物足りない感じもしばらくすれば落ち着くようです。食事宅配サービスは冷凍の状態で、一食ずつお弁当箱に入って届きます。食材、摂取エネルギー量、栄養成分値、食塩相当量、アレルギー表示等が記載されています低蛋白でしかも減塩となれば『相当に味つけが薄いのではないか?』『腹がおさまらないのでは?』と気になりましたが、私にはそんなに薄味にも感じないくらい美味しく感じました。たんぱく質であるお魚も、ちゃんと入っていのが嬉しいですよね。宅配食と言っても味付けに何も問題はなく普通の弁当と同じように美味しかったのには驚きました。父は糖尿病、母も足が不自由なため私が会社帰りに実家へ寄り夕飯を作っていましたが残業で遅くなると作れない日もありました。そんな折、職場の人が助言してくれたのが宅配食サービスというもので、私はすぐに申し込んでみました。食べることが何より好きな父なので私の料理では満足できないのではと思い込んでいました。母の料理の手間がかからないため、今では両親二人分の宅配食を頼んでいます。夕飯の買い物や調理にかかる時間を節約できたのがうれしいです。食事の宅配を全国展開する通販ショップは食事制限の必要な方、またお忙しい家族にとっては大変便利なサービスです。管理栄養士の監修で栄養バランスが整っていて、老若男女全ての方に食べやすく味の良い食事を配送いたします。カロリー・塩分・たんぱく質について制限がある方でも、各々の体調に合わせた食事を選べるので家族も患者さんもお互いに気兼ねなく食事することができます。冷凍状態で配達するため、いつも作りたての美味しさです。腎臓病食事宅配サービスは食事療法用宅配食品等栄養指針に基づき、その分野に特化した管理栄養士がメニューを作り、お客様に安心してお召し上がりいただける食事づくり、サービスを提供しております。プロの料理人と病院給食ベテランの管理栄養士監修レシピのもと、安全な食材のみを厳選して調理段階で食品添加物は一切使わず、加工食品も最小限に抑えて一品、一品の栄養成分を調整しながら手作りした宅配弁当です。生活習慣病予防やダイエットなどに力を発揮して安全性も利便性も高い食事です。腎臓病患者が自宅で食事療法に取り組む際にご本人だけでなく料理を準備されるご家族に大きなストレスがかかることは否定できません。腎臓病の人の為の宅食サービスはカロリーや栄養素などの数値を、毎食制限内におさめつつ味わいや食べやすさにも配慮して、飽きないようにおかずが毎日替わるので続けやすく値段も安いので家計にも優しく続けやすいこと、さらにはご家族の中で一人だけ食事制限を行う場合にも家族は普通食のみ作れば良いため、非常に負担が軽くなります。腎臓病の宅配食は彩りのある食生活をサポートしてくれるという大きなメリットがあります。朝昼晩と低蛋白食を自分で作ったりご家族に作ってもらうことは、家族も本人も負担が大きくなります。塩分を控えるため、味も物足りなく感じるかも知れません。食の楽しみは、味わうことができなくなってから気づくというのが食事制限に取り組んでいる方にとても多いです。低たんぱく食の食事宅配サービスは、時代と共に変化する生活に合わせた便利なサービスです。腎臓病食は高エネルギー・低たんぱくになるように調理するため難しく献立の作成と調理の技術には高いスキルが求められます。たんぱくを制限しながらカロリーを保つために、一般的に弁当は揚げ物のおかずが多くなりがちですが揚げ物のおかずに偏らないために、宅配食サービスは独自のノウハウを確立しております。他社がマネできない程の完成度の高い、長期化した慢性腎臓病の進行を緩和するためのたんぱく制限食の食事を多数取り揃えました。腎臓に不安がある人が日々の食事で、注意すべき点は、たんぱく質・塩分・カリウム・リン・水分の制限や充分なエネルギーの補給など沢山あります。素人がこれらの栄養素を細かく計測しながら、料理をするのは大変困難です。美味しさや病気に合わせた栄養バランスを気にしながらでは毎日ストレスを抱えながら料理を作らなくてはなりません。それに対して、管理栄養士が監修した宅配食サービスなら栄養やカロリーの摂取制限のある方も安心して美味しく食べられる食事を作ってくれるので負担を感じることなく食環境の改善を行うことが可能です。1日当たりのエネルギー摂取量が1800Kcal、たんぱく質が40gというのが理想的な制限量になります。 ご飯の量は普通サイズのお茶碗を尺度としており、食の細い高齢者などは、更に摂取量が少なくなるのです。おかずのみでたんぱく質が10g以上あるとオーバーしてしまいます。 たんぱく質を摂り過ぎるとクレアチニンが上昇し、人工透析へ移行するリスクが高くなります。取り入れるたんぱく質の量が少なすぎると、同じようにクレアチニン値が高くなり、人工透析を行う危険性が高くなります。食事制限が生易しいものではないと言われるのはこういう理由からです。詳しく調べたい方はこちら⇒冷凍宅配弁当

カテゴリー: ニュース