宅配介護食で栄養とって誤嚥性肺炎を回避する

老人ホームの食事は栄養士が栄養管理した献立を作り、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、飲み込むことや噛む力が特に低下している方の場合は、その状態に合わせて調理されたものものが必須です。老人ホームによっては、きざみ食・ミキサー食のように流動的なものではなく、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、うまく噛むことや飲むことができない方でも、いかに美味しく食べられるかをことを考慮した調理方法を提案してくれる介護施設も容易に見つけられるでしょう。年齢、そして怪我や病気が原因で固いものが食べにくい、水分を飲み込むのが難しくなるというような悩みが出てきます。介護用食品はどれだけ歳を取っても食事を楽しめるために、どれだけ簡単に食べられるかを考えられた商品や、少量で栄養を補給できる商品などがあります。介護をする方にとって、食べやすい食事を準備するのは大変です。介護のための食品は、心休まる瞬間を作る手助けになったり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。介護を受ける側も、手助けをする側も、どちらにとってもありがたい介護食品をぜひ使ってみてはいかがでしょうか。怪我や病気に負けない体を作るためにカロリーを、いつまでも体を活発に動かせるように質の良いタンパク質を摂ることを心がけましょう。卵や豆腐は消化のよい良質なたんぱく質なので、もし肉や魚がうまく食べられない人は、その代わりに卵や豆腐を食べることでタンパク質を十分に摂取することができます。たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまた違うたくさんの種類のアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが含まれているので、毎日さまざまな食品を食べている人は高齢になっても筋力などの衰えが少なく、長生きできるそうです。歳をとることでだんだんと顔まわりの筋力が落ちてきたり歯が丈夫でなくなったりすると、飲み込んだり噛むことも満足にできなくなっていきます。以前食べていたものを食べることが難しくなり、飲み込むたびにむせるようになり、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう恐れもあります。他には、ほとんどのお年寄りは食べることに対する興味が若い頃に比べてなくなるため、なるだけ食べやすいものを食べてしまいがちになったり、食べる量そのものが減ったりして栄養バランスが崩れてしまっていることがあります。食べることに対して興味関心が薄れてきてしまうと、どうしても簡単なメニューですませてしまいがちに。そういった場合は、今ある食材をプラスするなど、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれた食事をすることがとても大事です。食事をしたい気分ではないけれど食べなければならないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?おかゆを作るとき、ごはんより多く水を使うので、カロリーはごはんの半分以下なのです。もしもおかゆを食べるのであれば、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、意識して十分でないエネルギーや栄養を補うようにしましょう。病院食は完成品を丸ごとミキサーにかけた流動食が中心で、見た目も味も美味しいと感じられないものでした。入院中の高齢者の方の食事があまり芳しくなかったのは噛めないからではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、家で食事を用意する際は病院食と同じ類のものは絶対に出さないと決めました。病院で摂食嚥下障害看護認定の看護師さんに退院後の介護食の助言を求めたら、噛んだり飲み込んだりするのに負担のかからないものであれば何でもいいと教えてもらいました。毎食ごとに小分け冷凍しておくと便利だと気づいたんです。見た目が良くて美味しそうな介護食を前にすれば、当然食欲も出ます。どれだけ楽に食べられるかを重視しすぎて、味はもちろんのこと見た目が悪くても、食欲は失われてしまいます。食べる動作に無理は生じないか、喉を通りやすいかなどの安全性や食べやすさについて慎重に考えられています。年齢とともに唾液も作られにくくなるため、口に食べ物を運んだ時、水分を吸収してしまう食べ物は食べにくいです。一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、食べやすい食材を使用し、食べやすい形状に加工します。介護食は食べやすい形にすることがとても大事ですが、また、身の回りの世話をする方の食事の用意の負担をできるだけ少なくするためにも、それを作るための器具はとても役に立ちます。介護食の特徴を挙げるとすれば、柔らかさ、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。フードプロセッサーは水分が少量でも食材を刻む、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。マッシャーやすり鉢で食べにくいものをつぶすことができます。よりなめらかな方が好ましい場合には、裏ごし器使うことによってそれは解消されます。最近、高齢者の間で注目されていますフレイル(虚弱)とは一体なんでしょうか。フレイル、それは以前に比べて体重が落ちた、疲れやすくなった、思うように歩けないといった様子がみられ、このまま悪くなり続けると介護が必要になってしまう可能性が高い状態をいいます。そしてフレイルの状態は、「サルコペニア」といわれる筋肉量の低下や、骨や関節そして筋肉がうまく働かなくなったことが原因で歩行や日常生活に支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、そしてさらには起き上がるのも厳しい状態につながることが知られています。そして十分な栄養を摂らないことこそが、最悪の事態を引き起こす原因なのです。年齢の変化や病気によって食べる機能は低下します。食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、人それぞれ機能の程度は異なります。不安がなく食事をするための目標の手掛かりとして介護食のレベルがあります。どの程度食べる動作が困難かによって嚥下食ピラミッドをわかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、各レベルに食物の形態や、やわらかさなどの条件を基準化することで、病院や施設に行くのが難しい方でもご家庭で問題なく食事を行うためにとても役立つ指標です。おすすめサイト⇒介護 食事 宅配

カテゴリー: ニュース