土用の丑の日はうなぎを通販で買ってみんなで食べる!

2015年に日本はウナギを絶滅危惧種に指定しましたが、現在までの乱獲がひびき、ニホンウナギの生息数は90%も減少してしまった。流とおしている天然ウナギは少なく、昨今市場に出ているのは、天然のシラスウナギから育てた養殖ウナギが大半です。養殖ウナギは、日本・中国・韓国・台湾で盛んだが、シラスウナギが年々獲れなくなってきている。各社の報道だと、シラスウナギの漁獲高は上半期の2%くらいと歴史的不漁になっており、価格も高騰している。極上うなぎの蒲焼きの食べかたは、お客様が多くいてよく回転する、繁盛店を選びます。うなぎの蒲焼きのう旨味を増すものにタレがある。しかも鰻のエキスがたくさん溶け込んだタレほど、うまさを増します。また、蒲焼は出来立てを食べることが肝要である。冷めてからでは、味が落ちます。そこで、昔からの教えで、鰻を入れる器を湯で温めて出す所もある。ウナギ科ウナギ属の呼称でうなぎです。うなぎといえば白焼きなど日本の風土と深い関わりをもつ魚類と伝えられがちですが、実を言うと世界中の熱帯から温帯の海に広く分布する魚類で、その種類も18種類以上にのぼります。日本には、二ホンウナギとオオウナギの2種類が生息しています。このうち一般に料理に使用するのが二ホンウナギ。そして、オオウナギはその名前の通り、全長2メートル、体重20キロにおよぶ大型のうなぎで九州や西南諸島で食用にされています。「美味しさ」とは、時代によって変化する可能性があるものです。ここ数年、デパートなどでは中国産の鰻が席巻し、特に若い人達は中国産の鰻蒲焼の味に馴らされています。その世代の中には、元来の「炭焼きウナギ」を召し上がったことがないと言う人が多いと感じます。大変なことになります。日本特有のうなぎのおいしさがわかる若者が少なくなり、鰻の味の標準は「中国産の鰻蒲焼」になりつつあると言う事です。大げさに言えば、この事は「日本の食文化(多かれ少なかれ、育った土地のものが影響してきます)の崩壊」だと感じます。高級うなぎの白焼きを専門に手掛ける一流うなぎ通販会社は、足で捜した秘密のの仕入れルートをキープしています。また、自ら養殖から販売を取り仕切ることによって、ウナギの品質だけでなく、うまさにどこにも負けない自信を有しているサイトが多数あります。ハイクオリティなウナギを確保・供給ができ、値段的にも安定している通販ショップは安くて安全で、しかも高品質な鹿児島産ウナギを、すぐにお部屋でリーズナブルに振る舞えるので、すごくいいことですうなぎを食べる事については諸説あり、讃岐国生まれの平賀源内が発案し立という話がよく知られています。話によると、商売が下がりっぱなしの鰻屋が、酷暑のに売れない鰻をどうにかして売るため源内に相談に行った。平賀源内は、「本日丑の日」と書いて軒先に吊るすことを教えた。その魚屋は大変賑わいましたした。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べることが風習になりました。今まで、うなぎの蒲焼き屋さんをはじめ、デパート、スーパー、通販と、様々なうなぎを食べてきました。 ゴムみたいな硬いウナギを食べて、何回も騙されました。そんな中、ネット通販で鰻を買う時は、味、安さとも「うなぎ通販」がトップだと考えてます。うなぎ通販サイトの美食市さんは、味のほかにも、完成度と安全性が群を抜いています。幾ら値段が低価格でも、食べられない鰻では、安物買いの銭失いです。参考にしたサイト⇒土用の丑の日うなぎ通販

カテゴリー: ニュース